タクシーのタイプ




 『 タクシーには色々な種類があります 』

種 類 用 途
小型タクシー
乗車人数4名のタクシーです。
駅等いたるところで見かけられ、
より気軽にご利用できます。

中型タクシー

乗車人数4〜5名のタクシーです。
ハイグレードの小型車を使用しています。

大型タクシー
ハイグレード仕様のタクシーです。
お客様の送迎などに最適です。

特定大型車

乗車人数9名のジャンボタクシーです。
グループの小旅行や結婚式、
宴会などの送迎に便利です。

介護タクシー 介護保険の指定訪問介護事業者の指定を受けているタクシー会社が通院・外出時の介助を行っています。
福祉タクシー

車椅子でそのまま乗車でき、寝台設備車もあります。
歩行困難な方にご利用いただくタクシーです。

UDタクシー   UDタクシー(ユニバーサルデザインタクシー)は健康な方はもちろんのこと、足腰の弱い高齢者、車いす使用者、妊娠中の女性、ベビーカー使用者、手荷物の多い方などを誰もが利用しやすい新しいタクシーです。
街中で呼び止めても良し、予約しても良し、誰もが気軽に利用できます。
禁煙タクシー 禁煙マークを車外表示(左後部ドアまたは天井)している車両は車内の喫煙が禁止されています。







 『 タクシーは社会に貢献しています 』

◆ 山口県タクシー防犯連合会 
タクシーに対する犯罪防止を図るとともに事件事故が発生した場合、タクシー業態の特色を生かした通報連絡により警察の防犯捜査活動に協力する体制をとっています。

◆ タクシーによる110番・119番通報協力
夜間に多い放火火災を防ごうと山口県住宅防火対策推進協議会、山口県警察、山口県タクシー協会の三者による「タクシーによる110番・119番通報協力」協定を平成16年12月7日に締結。
夜間に市街地を走るタクシーの運転手が不審者、火災、救急、事件、事故を目撃した時は、速やかに通報することにより地域住民の安全と安心を確保する地域環境づくりに協力しています。

◆ 道路サポートに関する協定
道路の安全かつ円滑な交通を確保するため、国土交通省山口河川国道事務所、山口県土木建築部道路整備課、山口県タクシー協会の三者による「道路サポートに関する協定」を平成17年6月21日に締結。
地域の道路事情を熟知したタクシーから県内の高速道路、国道、県道、市町村道における、事故に繋がる恐れのある道路の陥没、落石等の異常箇所を通報。
事故や二次災害を防ぐとともに道路の維持管理に協力しています。

◆ ドライブレコーダーの記録データの提供に関する協定
安心かつ安全な社会実現に資するため、山口県警察と「ドライブレコーダーの記録データの協力に関する協定」を平成26年3月6日に締結。
ドライブレコーダーの映像提供が事件事故等の捜査に活用されること、またタクシーのドライブレコーダーの搭載を周知されることで犯罪の抑止に繋がることを目的としています。

◆ 路上寝込み者等の轢過(れっか)事故の防止に関する協定
路上寝込み者及び認知症高齢者等の路上徘徊者の轢過事故を防止するため、山口県警察と「路上寝込み者等の轢過事故の防止に関する協定」を平成27年1月30日に締結。
路上寝込み者等の轢過事故の未然防止のための防護措置を行い、もって交通事故全体の抑制を図ることを目的としています。

◆ 山口県における地域見守り活動に関する協定 
誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、高齢者や障害児等支援が必要な方に対する地域の見守り活動に協力するため、山口県と「山口県における地域見守り活動に関する協定」を平成27年10月26日に締結。
タクシーが日常業務を行う中で、高齢者等の異変を察知した場合、速やかに市町や社協等に連絡するなどの協力体制の構築に協力しています。

◆ 各地域の取組み
タクシー事業者が地元警察署とタクシーの特色を生かした協力協定を結び、「小学生の通学路パトロール」「子供110番」「はいかい老人の発見連絡」「深夜のコンビニ防犯」「交通安全」等の活動を展開しています。





HOMEへ 戻る