山口県バス協会
HOMEへ 会員事業者一覧 路線バス案内へ 高速バス案内へ 定期観光バス案内へ 貸切バス事業者一覧へ リンク集へ


BCP(事業継続計画)関係



こちらのページではBCPに関する情報や役立つページ、資料を提供していきます。


  BCPとは?  

 企業が自然災害、大火災、テロ攻撃等緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のことです。

 2018年西日本を西日本を中心に大きな被害が出た「平成30年7月豪雨」、2019年関東地方や東北地方、長野等に甚大な被害が出た「令和元年台風19号」の経験から、BCPの策定が注目を浴びています。

 緊急事態で的確に判断し行動するため、緊急時に行うべき行動や、緊急時に備えて行うべき行動をあらかじめ整理し取り決めておく「BCP(事業継続計画)」を策定しておくことが重要です。
 BCPとは、被災後の事業継続を図っていくための経営戦略です。


  なぜBCPが必要なのか?  

 災害や大きな事故が発生しても、顧客からは平常時と同様な対応を求められるため、事業を続けるためにはいくつもの課題が出てきます。
 人・モノ・資金・情報が足りなくなるという状況の中で、短時間で対応できるようにするためには、あらかじめ何が起こり得るかを考えて、その時行うべきことを計画として定め、実際にその計画が実行できるように訓練を行う等して備えておかなくてはいけません。

★BCPでバス事業者が考えるべきこと
山口県バス協会がBCP策定において何をすべきかを簡単にまとめたレジュメです。

まずは現在の事業継続能力をチェックしてみましょう!
★中小企業庁HP「BCP取組状況チェック」


  BCP策定に役立つツール  

★中小企業BCP支援ガイドブック
BCPの必要性・効果・策定方法がわかりやすく解説されています。

★中小企業BCP策定運用指針
中小企業の特性や実情に基づいたBCPの策定及び継続的な運用の具体的方法がわかりやすく説明されています。
「入門コース」から「上級コース」まで段階別に用意されています。


  BCP作成促進セミナー  

 中国運輸局において、2018年7月の豪雨災害を踏まえ、公共交通事業者の災害対応基盤の強化を図ることを目的として、BCPの策定を促進するための「公共交通事業者へのBCP作成促進セミナー」が開催されました。
 「公共交通事業者」には乗合バス事業者だけでなく、貸切バス事業者、特定バス事業者も含まれます。多くの人員を輸送できるバス事業者は、社会に必要な公共財(public good)の一つです。

★「公共交通事業者へのBCP作成促進セミナー(R1.7)」
※当日の資料を確認することができます。

今後このようなセミナーや講習等が開催される場合は、随時会員の皆様へお知らせします。


  「緊急事態」は自然災害だけではない!  

 自然災害だけでなく、インフルエンザ等の感染症の流行やバスジャック等、様々な「緊急事態」が想定されます。あらゆる「緊急事態」に対応できるBCPの策定が重要です。

 インフルエンザ 

★国土交通省「事業者における新型インフルエンザ事業継続計画策定の手引き」

★国立感染症研究所「インフルエンザ流行レベルマップ」
最新のインフルエンザの流行状況を確認することができます。

 バスジャック 

バスジャックに備え、定期的に対応マニュアルの確認や訓練を行っておきましょう。


  ハザードマップを確認しよう  

「もしも」に備え、ハザードマップ等を確認しておきましょう。

【山口県】
 土砂災害ハザードマップの公表状況
 洪水ハザードマップの公表状況
 高潮・津波ハザードマップの公表状況
 土砂災害警戒区域等マップ
 山口県の防災・災害情報

【市町】
 ※市町名をクリックすると各市町のハザードマップや各種防災マップに移動します
 下関市   宇部市   山口市   萩 市   防府市   下松市
 岩国市   光 市   長門市   柳井市   美祢市   周南市
 山陽小野田市    周防大島町   和木町   上関町   田布施町
 平生町   阿武町


  参考記事  

★「福島交通のバス操車場、すり鉢地形で急に浸水 台風19号」(日本經濟新聞)

★「台風19号で交通寸断『陸の孤島』へ高速バスなぜ運行できたのか?実現の裏側」(Yahoo!ニュース)